□たくさんのご参加ありがとうございました!

【選手権概要】

大人気企画が遂に復活!第四回矢後選手権開催決定!矢後憲太の楽曲を課題として行われるオフィシャルの選手権です。動画をアップするだけで簡単にエントリー可能。矢後氏本人が気に入った動画が表彰されるという、WEBで行われるシンプルな企画です。軽い気持ちで全員参加!お祭り騒ぎで参りましょう!

 

 

 


【発表審査を経ての雑感】

審査結果発表の前に、まずは審査委員長より最終審査を経て感じたことを。今回ですが、おそらく過去一番のハイレベルな選手権だったように思います。演奏の質が高いとか上手な人ばかりだったとか、そういう意味ではなくて、一つ一つにそれぞれの良さがしっかり色濃く出ていて“みんな違ってみんな良い”の構図が完全に成立してしまっていました。それだけに、最終選考ではどの動画を入賞に選出するか本当に悩みつくし、夜は眠れなくなり、ご飯は喉を通らなくなり、体重は減り続け、目元にはクマが広がり、頬は痩せこけ……と危うくなるところでしたが一切なっていません。大切なことは、たくさんの人が矢後憲太の楽曲とじっくり向き合ってくれて、そして自分の表現としてアウトプットしてくれたこと。楽しんでくれたこと。これに尽きます。一般的には、楽器演奏というと技術がどうみたいな話になりがちですが、矢後選手権ではそういうことは関係ナシ!ボロボロだって人間らしく哀愁があれば良し!不完全さが出す安心感だって多分にアリ!上手な人は何がしたいのかを問われるから思いっきり自分の音楽を打ち出したら魅力的!技術とは、表現のための武器だ!自由に、思いっきり楽しんでくれ!……そういうことなので、今回も独断と偏見、その日の気分で思いっきり楽しみながら審査させていただきました。気持ち的には全員優勝だけど、そうはいかないのが世知辛いところ。エントリーして盛り上げてくださった全ての方に最高に感謝しつつ、その中でも一際気に入った作品をご紹介いたします!みんなありがとう!!!!!!それでは審査発表、行ってみよう!!!!!!!


【審査結果発表】

🏆【最優秀矢後賞】TNT さん「Wish upon a shooting star」

最優秀矢後賞【TNT さん】

「Wish upon a shooting star」

矢後から : まず、雰囲気がとても良いです。楽曲の世界を大切にしつつ、しっかりとコーディネートしていますよね。ギタレレのゆるふわコロッとした響き、虫の声、照明や映像の感じ。これらが作品世界をより一層深めています。もちろん演奏もしっかりしています。最近のライブではお馴染みの「you〜流星」の流れを冒頭で盛り込み矢後愛を炸裂させつつ、リズムを少し崩すフレーズなどでわかりやすく個性も主張しています。ひとつひとつ仕込まれたこれらの要素は、一つずつは決してパンチが強いものではないですが、重なり混ざり合って独自の世界を色濃く演出しています。それはさながら「日常の繰り返しの中でちょっとした部分にこだわりを持つ」ことで日々の充実度を上げていくような……自分のペースで毎日を楽しむような、安心感のあるマインドを感じさせてくれます。非常にセンスを感じる動画です!

🏆【優秀矢後賞】たーぼー さん「Remember」

優秀矢後賞【たーぼー さん】

Remember

矢後から : こちらは王道のカバー演奏です。シンプルにとっても良いです。今回「Remember」のギター演奏動画は大変多かったのですが、その中でも一際強い魅力を纏っていた作品です。まず演奏が上手というのは当然なのですが、その上で矢後本人の演奏の癖をかなりしっかり掴んでいます。細かいニュアンスや間の取り方、発音に至るまで、その呼吸感みたいなものが再現されています。きっとかなり研究したのでしょう。こういうのは緻密に頭で考える人もいれば、フィールでやってしまう人もいます。ハッキリどちらかというものでもないですが、たーぼーさんはどちら寄りのタイプかなぁ。そして更に、極めて高い再現度を誇るだけではなくてしっかり自分なりのエモーションを炸裂させています。結果、単なるカバーという言葉では片付けられない程の溢れる魅力が凝縮されていますね!最大の謎は、なぜ画角が縦?

🏆【ユーモア賞】うすいくにアコギ部 さん「It be key」

【うすいくにアコギ部 さん】

It be key

今回ユーモア賞に選出させていただいたのはこちらの作品です。これはもう予想の斜め上から攻められすぎて言葉を失った超話題且つ問題作です!!!(もちろん良い意味で)極めて独特な世界線で独自のストーリーが展開しています。まずは圧倒的に目をひくこのアニメーション。キャラクターデザインも秀逸で、何気に矢後の再現度が高くて実は結構お気に入りです。公式マスコットにしたいくらいです。この謎の“おっさんみたいな人”との掛け合いが絶妙にセンチメンタルでなんとも言えない気持ちになります…。そして音楽も秀逸です。課題曲を独自の解釈で編曲、全て繋げつつ、歌詞をつけてボカロで歌わせます。その内容が非常に良く、多彩な音楽のエッセンスを感じさせてくれる非常にハイセンスなものです。あと歌詞が普通に良いw そしてそして、やはり感心してしまうのは脚本と演出です。稀代の制作作家・舞台演出家が現れた感覚です。というわけで、最初から最後までずっと楽しく、それでいて楽しいだけでは終わらない良さをもった、中毒性の高い作品です。

🏆【矢後の妻賞】あやか さん「Ocean」

【あやか さん】

Ocean

矢後選手権伝統の部門“矢後の妻賞”ですが、これは矢後の妻が独自の基準を以て審査を行う部門で、こちらに関しては矢後憲太は一切審査に影響していません。ですので矢後妻に今回の選出基準をインタビューしてみました。

 

矢後妻「音楽(矢後楽曲を音楽として)をいっぱい楽しんでる人が良い。」

 

という非常にシンプルなアンサーのみいただきました。シンプルだけどよく考えると深い言葉です。それを元にこちらの動画も見てみると、しっかりと楽曲を音楽として楽しみ尽くしていますよね。楽曲のコンセプトを大切に解釈しつつ、丁寧に譜割りを考え重奏的に重ねています。しかもリスナーありきでしっかりとパッケージが考えられていて、小道具まで使って聞く人に楽しみを加えています。客観を大切に骨組みから組み立てられている時点で、この編曲は明らかに音楽的な基礎がしっかりしている印象を受けます。妻が選んだ賞ですが、納得の内容で非常に魅力的な作品です。


【全ての作品が素晴らしい!】

こちらに、今回エントリーいただいた全ての動画をまとめています。素晴らしい作品ばかりなのでぜひ全てご視聴くださいね!


★課題曲ギター演奏参考動画

①85の夏

②月の微笑

③流星に祈る

④Remember

⑤Storyteller

⑥Ocean